下北沢 美容室/美容院 STUDIO 4H

ネックウォーマー

image.jpeg
最近、すっかりとサッカーに夢中になっている長男が、

練習に出掛けようとする土曜日の朝、

お気に入りの「ネックウォーマー」を無くしたと母親に報告していた。

この「無くす」「落とす」「忘れる」の3大トラブルは、

先祖代々脈々と受け継がれている「佐々木家」の持ち味でもある。

そこで私は去年購入した、お気に入りの「ネックウォーマー」を貸す事を提案した。

すると長男は、表情を少し曇らせ「だいじょうぶ」と、やんわり拒否りました。

納得のいかない私は「寒いんだから持ってけよ」と、もう1プッシュ。

シブシブ受け取った長男は首には巻かず、リュックに詰め込み出掛けて行った。


翌週になっても「ネックウォーマー」は見つからず、

「どうだ、お父さんのネックウォーマーもカッコいいだろ」と問いかけると、

「あんまりしてない........」とバツの悪そうな表情を見せる。

すると母親が「なんか、クサいんだって、お父さんの.......」と優しい声で私に言う。

耳鳴りが止まらず、悪寒が走った。

やっとの思いで「あっ、そう」と声を絞り出した。


その翌週、今度は母親が「ちゃんと洗ったから、もう大丈夫よ、ほらイイ匂い」と

長男に語りかけ、無差別に私の聴覚を痛みつけた。

長男も畳みかける、「ムリ!、まだクサそう。あのイメージが残ってる」

過呼吸気味になっている私をよそに2人の会話は続いていた。

「あの」「あのイメージ」この言葉がリピートする。

中学の時、英語の畠山先生が「リピート、アフタミー」とよく言っていたが、

しばらくは うまく言えそうにありません。

    




コメントする






下北沢 美容室/美容院 STUDIO 4H STAFF BLOG
Copyright(C) 2012 下北沢 美容室/美容院 STUDIO 4H All Rights Reserved