下北沢 美容室/美容院 STUDIO 4H

「あこがれ」

IMG_2121.jpg

最近、「キングダム」という漫画にどっぷりとハマってます。

休日は、バッグに3冊と財布を詰め込んで出かけてます。


病院の待合室で「ひと読み」。

喫茶店で「ふた読み」。

夕方、焼き鳥屋さんで「み読み」。

これが、ここ最近の休日の過ごし方パターンです。


その日も、焼き鳥屋さんに「み読み」しに行った。

まずは、ささみの燻製を肴に冷や酒を呑む。

カウンターの隣の隣の席には、

文庫本を片手にレモンサワーを飲む美女が...........。


すると、マスターがその美女に、

「何読んでんの?」と一言。

僕と同じ疑問をぶつけてくれた。


「谷崎潤一郎の痴人の愛」です。


冷や酒を吹き出しそうになるのを何とか耐えた。


「あんなキレイな顔して、何とハレンチな.........」。


何事も無かった様に、僕は「キングダム」のページをめくる。


イヤな予感は的中した。

「佐々木さんは今日もキングダム?」

竹串にとり肉を刺しながら、

マスターは目も合わさず僕に聞く。


美女は僕に会釈する訳も無く、

僕の存在は、「今日もキングダム?」

という「いい年してピンクのジャージを着て、ビールも飲まずに、

いきなり冷や酒を呑んで、マンガを読む男」として位置づけされ、

記憶から排除されたのだった。


彼女は黙々とページをめくっていた。

たぶん興奮する場面なのだろう。


僕は勝手に、酷く傷ついた。

そして、マスターを酷く恨んだ。


一言だけ彼女に言い訳したかった。


 「読んだら止まらないんじゃ、キングダムは!」って。


僕は焼き鳥屋さんを出て、

その足で「古本屋」に行った。


一番最初に目についた、


   「石川啄木詩集 あこがれ」


を手に取り迷う事無くレジに向かった。

なんでも良かったのだ。

マンガでなければ。


初めて読む「石川啄木」には驚かせられた。

題名   沈める鐘

一行目  「渾沌霧なす夢より、暗を地に」

すぐに本を閉じた。

何時代の言葉だよ。


とりあえず、

明日から、バッグに「あこがれ」を一応入れておこう。




コメントする






下北沢 美容室/美容院 STUDIO 4H STAFF BLOG
Copyright(C) 2012 下北沢 美容室/美容院 STUDIO 4H All Rights Reserved