下北沢 美容室/美容院 STUDIO 4H

暮らし安心

main_image.png

   先日の土曜日、

リンゴを食べようとスタッフルームに入り、

手を洗おうと蛇口を開けて、そして閉じた。

   水が止まらない。

力を込めても、僅かだが細いストロー位垂れ流しになっている。

かなり微妙なタッチで押したり引いたりして、やっと止まる感じだ。

  しかし、30秒は要する。

1時間後、スタッフルームに入ると先程より水の勢いが増してる。

微妙なタッチはモハヤ完全に通用しくなっており、

プロの力を必要として、ネットで調べ「森末」に来てもらいました。

21時には着くと言いながら、22時到着。

眉毛が「つんく」級、襟足が「ジャンボ」クラス、歯並びは「小藪」みたい。

   年の頃は24歳、この道8年と見た。

    「あ〜これは丸ごと交換ですね」

  「えっ?この部分の交換だけじゃだめなの?」

「これって、使って何年経ちました?8年以上だと全とっかえがいいっすよ」

  ピッタリと8年だったが5年と嘘ぶいた。

    「あ〜じゃぁまだいけるか」

   「料金はいくら位かかりますか?」

「全とっかえだと6万、部品交換だと16000から18000円ッス」

   迷わず部品交換にした。

   彼は少し残念そうだった。

   作業は15分位で終了した。

   「おいくらになりますか?」

「え〜そうっすね18000円ッスね」

すると、スタッフの高儀が「佐々木サン、初回割引3000円ですよ」

    「それって使えますか?」

「だ、大丈夫ですよ、じゃあ見積もりと領収書持ってきますね」

 と言い残し、彼は目の前に止めた車に走り去った。

   10分以上待たされた。

  足早に彼は戻ってきて、ミラクルを起こした。

「そう言えば、土曜料金と深夜料金入れるの忘れてました」

「え〜と、21000円から3000円ひいて18000円ッス」

 後ろめたさもあるせいか、彼は一切目を合わせず話していた。

 そう言えば、待たされた10分の間彼はずっと電話をしていた。

  上司からアドバイスでも貰ったのだろう。

 取り合えず、何も言わずに18000円払い、

    「おつかれさん」と言った。

 彼は、すまなそうにお金を受け取ると、

「こちらこそ、すいませんでした」と言い残し店をあとにした。

彼の気持ちと、上司の計算と、僕のお人好しさと、

 誰が得をして、誰が損をしたかは分からないが、

少なくとも、彼よりは僕の方が寝付きが良かったに違いない。

  誠実な仕事をし続けようと心に誓った。








コメントする






下北沢 美容室/美容院 STUDIO 4H STAFF BLOG
Copyright(C) 2012 下北沢 美容室/美容院 STUDIO 4H All Rights Reserved